コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

狂信 キョウシン

デジタル大辞泉の解説

きょう‐しん〔キヤウ‐〕【狂信】

[名](スル)冷静な判断力を失って、激しく信じ込むこと。「狂信的な行動

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

きょうしん【狂信 fanaticism】

ある特定の観念によって思想と行動のすべてが支配され,ひいては理性を失っている状態。その観念は必ずしも誤りではなく,そのため,教祖,思想家,予言者,発明家,民間療法家などとして多くの奉者や追随者を集めることもあり,また侵害された自己の権利を裁判所や役所に訴え続けて周囲を悩ますこともある。信は,一時的な異常で終わる場合と,生来性の異常人格の一型である場合がある。狂気【宮本 忠雄】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

きょうしん【狂信】

正常な判断力を失うほどの、強烈な信仰。また、特定の考え方に強く支配されている状態。 「 -的な態度」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

狂信の関連キーワードバトラー(Samuel Butler、詩人)アルマンド パラシオ・バルデスバレラ・イ・アルカラ・ガリアノフラネリ オコーナーパラシオ・バルデスミュンスターの暴徒魔女狩り・魔女狩コロルム講の反乱カールシュタットファナティシズム黙示録殺人事件ファナティックショービニスムフリーメーソンセバスティアンマッカーシズムバシーの虐殺ヒュパティアイルミナティジンゴイズム

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

狂信の関連情報