入国管理法(読み)にゅうこくかんりほう

デジタル大辞泉の解説

にゅうこくかんり‐ほう〔ニフコククワンリハフ〕【入国管理法】

《「出入国管理及び難民認定法」の通称》日本に出入国するすべての人の公正な管理、外国人の在留手続き、難民の認定などについて定める法律。昭和26年(1951)に公布された出入国管理令を昭和57年(1982)に改正したもの。入管法出入国管理法入管難民法出管法。→入国管理特例法

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

入国管理法の関連情報