入射瞳(読み)にゆうしやとう,にゅうしゃとう

カメラマン写真用語辞典「入射瞳」の解説

入射瞳

 レンズを通る光束のうち、絞り穴を通る光がレンズ前面に作る直径のこと。こう書くとむずかしいが、簡単に言うと、絞りによって決まるレンズの有効な口径のことである。このため、「有効口径」と呼ばれることもあり、レンズの開放F値を決めるための基礎的な数値である。

出典 カメラマンWebカメラマン写真用語辞典について 情報

デジタル大辞泉「入射瞳」の解説

にゅうしゃ‐どう〔ニフシヤ‐〕【入射瞳】

entrance pupil》カメラのレンズなどの光学系を通過する光束の太さ。絞りがある場合は絞りの直径を、絞りがない場合は対物レンズの口径そのものを指す。にゅうしゃひとみ。

にゅうしゃ‐ひとみ〔ニフシヤ‐〕【入射瞳】

にゅうしゃどう(入射瞳)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android