コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

入射瞳 ニュウシャドウ

デジタル大辞泉の解説

にゅうしゃ‐どう〔ニフシヤ‐〕【入射瞳】

entrance pupil》カメラのレンズなどの光学系を通過する光束の太さ。絞りがある場合は絞りの直径を、絞りがない場合は対物レンズの口径そのものを指す。にゅうしゃひとみ。

にゅうしゃ‐ひとみ〔ニフシヤ‐〕【入射瞳】

にゅうしゃどう(入射瞳)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

カメラマン写真用語辞典の解説

入射瞳

 レンズを通る光束のうち、絞り穴を通る光がレンズ前面に作る直径のこと。こう書くとむずかしいが、簡単に言うと、絞りによって決まるレンズの有効な口径のことである。このため、「有効口径」と呼ばれることもあり、レンズの開放F値を決めるための基礎的な数値である。

出典 カメラマンWebカメラマン写真用語辞典について 情報

入射瞳の関連キーワード天体望遠鏡写真レンズF数

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android