コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

入荷 にゅうか

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

入荷

仕入先から商品が入ること。小売業であれば、その後、店頭に陳列したり、いったん倉庫に入れたりする。企業内の情報システムでは、商品が入るだけでなく、検品後、受入登録が完了した時点を入または入庫と定義している場合がある。

出典|ナビゲートナビゲート ビジネス基本用語集について | 情報

デジタル大辞泉の解説

いり‐に【入(り)荷】

送られてきた荷物。
倉庫などに積み入れられている荷物

にゅう‐か〔ニフ‐〕【入荷】

[名](スル)商店や市場に品物がはいること。「新製品が入荷する」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

にゅうか【入荷】

( 名 ) スル
店や市場などに荷がはいること。また、入れること。 ↔ 出荷 「初物はつものが-する」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

入荷の関連キーワード食品トレーサビリティボージョレ・ヌーボー危害分析重要管理点ヨーロッパコウイカペニーオークション江戸地廻り経済圏シカゴ商品取引所江戸地回り経済バックオーダー二十四組問屋簗田藤左衛門ナメラダマシスペインダイナミレンコメルルーサ責任販売制タイ(魚)アサヒダイ周年栽培魚河岸

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

入荷の関連情報