入荷(読み)にゅうか

デジタル大辞泉の解説

いり‐に【入(り)荷】

送られてきた荷物。
倉庫などに積み入れられている荷物

にゅう‐か〔ニフ‐〕【入荷】

[名](スル)商店や市場に品物がはいること。「新製品が入荷する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

にゅうか【入荷】

( 名 ) スル
店や市場などに荷がはいること。また、入れること。 ⇔ 出荷 「初物はつものが-する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

いり‐に【入荷】

〘名〙
① 産地などから送られてきた荷物。
夜明け前(1932‐35)〈島崎藤村〉第一部「入荷(イリニ)出荷とも附送りを取扱って来た中津川の問屋角十に対抗して」
② 倉庫などに積み入れた荷物。

にゅう‐か ニフ‥【入荷】

〘名〙 商店や市場などに荷のはいること。また、荷を入れること。
※雲のゆき来(1965)〈中村真一郎〉五「偶たま唐本が入荷したのを聞いたので〈略〉本屋へ出掛けた」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

入荷の関連情報