入道烏賊(読み)ニュウドウイカ

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

入道烏賊 (ニュウドウイカ)

学名:Moroteuthis robusta
動物。ツメイカ科のイカ

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

にゅうどう‐いか ニフダウ‥【入道烏賊】

〘名〙 ツメイカ科の巨大なイカ。北太平洋に分布し、日本では北海道・津軽海峡などで、暴風後など、たまに海岸に打ちあげられる。胴(外套)長約一五〇センチメートルに達する。ひれは三角状で大きく、胴の半分に達する。一対の触腕はほぼ胴長と等しく、その先端部には鉤(かぎ)がならんでいる。他の腕は触腕の長さの半分以下で、長さは不同。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

山鉾

神社の祭礼に引かれる山車の一つ。車の台の上に家や山などのつくりものをして,その上に鉾やなぎなたなどを立てたもの。平安時代の大嘗祭に悠紀(ゆき),主基(すき)の両国から出された標山(しるしのやま)に始ま...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android