コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

全体小説 ぜんたいしょうせつroman total(仏)

1件 の用語解説(全体小説の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

全体小説
ぜんたいしょうせつ
roman total(仏)

フランスの作家・哲学者 J.-P.サルトルが主張した小説の方法論。彼の『自由への道』はその実験的作品。人間を,それを取り巻く現実とともに総合的・全体的に表現しようという試みである。日本では,野間宏がこれを独自に発展させ,「全体」とは社会的・生理的・心理的なものの一元的統一を目指すものとして立ち現れ,そこでこそ作中人物の自由と作者の想像力のぶつかり合いが問題になるのだとした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

全体小説の関連情報