コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

全体小説 ぜんたいしょうせつroman total(仏)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

全体小説
ぜんたいしょうせつ
roman total(仏)

フランスの作家・哲学者 J.-P.サルトルが主張した小説の方法論。彼の『自由への道』はその実験的作品。人間を,それを取り巻く現実とともに総合的・全体的に表現しようという試みである。日本では,野間宏がこれを独自に発展させ,「全体」とは社会的・生理的・心理的なものの一元的統一を目指すものとして立ち現れ,そこでこそ作中人物の自由と作者の想像力のぶつかり合いが問題になるのだとした。野間の長編小説青年の環』はその論の実作化であるという。一方,小説とは何をどう書いてもよいもの,という考え方もあり,この力業を継承しようとする若手を見いだすのは難しい。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

全体小説の関連キーワード人間の条件(マルローの小説)レチフ・ド・ラ・ブルトンヌクロード モーリヤックバルガス・リョサバルガス・リョサバルガスリョサ内向の世代中村真一郎第三の新人戦後文学マルロー風俗小説ジョイス希望

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

全体小説の関連情報