コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

全国部落解放運動連合会 ぜんこくぶらくかいほううんどうれんごうかい

1件 の用語解説(全国部落解放運動連合会の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ぜんこくぶらくかいほううんどうれんごうかい【全国部落解放運動連合会】

部落問題の完全解決を目的とする運動団体。1965年以降,部落解放同盟の内部で,政党支持の自由および同年8月の同和対策審議会答申の評価をめぐる対立が激しくなった。中央本部の方針と対立した人々は,70年6月,部落解放同盟正常化全国連絡会議(正常化連)を結成し,中央本部派を〈融和主義,部落排外主義反共主義〉と批判し,部落解放運動全体の正常化を主張した。正常化連は部落の諸要求実現,公正・民主的な〈同和行政〉の確立などの運動を進め,76年3月16日,全国部落解放運動連合会(全解連,委員長岡映)を結成した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の全国部落解放運動連合会の言及

【部落解放運動】より

…この対立は69年の〈矢田事件〉,74年の〈八鹿(ようか)高校事件〉などを経てさらに激しさを増した。この間に,中央本部の方針に批判的な同盟員は日本共産党の影響下にある人々が中心になって,70年,部落解放同盟正常化全国連絡会議(正常化連)を組織し,76年には全国部落解放運動連合会(全解連)を結成した。 全解連は,戦後日本の民主化の進展の中で,部落差別は基本的には解消の方向に進みつつあるとして,〈封建的身分差別の残存物の根絶と部落内外の国民的融合〉の実現をめざす立場をとっている。…

※「全国部落解放運動連合会」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

全国部落解放運動連合会の関連キーワード数値解析中間法人社会運動委任統治文化団体現実全損杉之原寿一藤岡祥三天窓(トップライト)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

全国部落解放運動連合会の関連情報