根絶(読み)ねだやし

精選版 日本国語大辞典「根絶」の解説

ね‐だやし【根絶】

〘名〙 まですっかり絶やすこと。根本まで取り去ること。根絶(こんぜつ)すること。全くなくしてしまうこと。
※歌舞伎・月梅薫朧夜(花井お梅)(1888)四幕「頑癬病のたむしでも、森下へ行き小田さんの療治をうければ根(ネ)だやしだが」

こん‐ぜつ【根絶】

〘名〙 根本まですっかりなくしてしまうこと。残りなく絶えてしまうこと。ねだやし。ねきり。
※門(1910)〈夏目漱石〉一八「彼に取っては新らしい発見であった。同時に自尊心を根絶(コンゼツ)する程の発見であった」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android