全国銀行個人信用情報センター(読み)ぜんこくぎんこうこじんしんようじょうほうせんたー

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

全国銀行個人信用情報センター
ぜんこくぎんこうこじんしんようじょうほうせんたー

消費者信用の円滑化等を図るため、一般社団法人全国銀行協会全銀協)が設置、運営する個人信用情報機関。1988年(昭和63)に、全国にある各地方銀行協会の個人信用情報センターを統合して設置され、2011年(平成23)4月に全銀協の一般社団法人化に伴って現組織が設立された。所在地は東京都千代田区丸の内。会員数は2013年3月末時点で1248。ローンやクレジットカード等に関する個人信用情報を登録し、会員会社への参考資料として照会に応じており、8000万件以上の個人の与信情報が登録されている。情報がどのように登録されているかを、本人、あるいは代理人が確認することもできる。同じく信用情報機関の日本信用情報機構(おもに貸金業、カード会社などが会員)、シー・アイ・シー(おもに割賦販売事業者などが会員)と情報提携している。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉の解説

ぜんこく‐ぎんこうこじんしんようじょうほうセンター〔‐ギンカウコジンシンヨウジヤウホウ‐〕【全国銀行個人信用情報センター】

全国銀行協会が設置・運営する個人信用情報機関。ローンやクレジットカードの返済状況や契約内容などを登録し、銀行・信用保証協会・クレジットカード会社などに情報を提供する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android