コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

全日自労建設農林一般労働組合 ぜんにちじろうけんせつのうりんいっぱんろうどうくみあい

1件 の用語解説(全日自労建設農林一般労働組合の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

全日自労建設農林一般労働組合
ぜんにちじろうけんせつのうりんいっぱんろうどうくみあい

略称,建設一般。 1991年8月に農村労働組合全国連合会 (農村労連) と全日自労建設一般労働組合 (全日自労) が組織統一してできた労働組合。全日自労は,1947年結成の全日本土木建設労働組合 (全日土建) を母体として 53年全日自労と改称したもので,公共職業安定所に登録された日雇い労働者の最大の全国組織となり,日本労働組合総評議会 (総評) 内で独自の行動力を発揮した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

全日自労建設農林一般労働組合の関連キーワードユーゴ紛争畑知子世界の国旗山本智美西原さおりいまどきのこども検屍官近い外国家具産業児童心理学

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone