八木亀太郎(読み)やぎ かめたろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

八木亀太郎 やぎ-かめたろう

1908-1986 昭和時代の教育者,言語学者。
明治41年10月9日生まれ。東海大教授などをへて昭和24年松山商大(現松山大)教授,44年学長・理事長。大学院,人文学部の設置,図書館の建設などにつくした。ペルシャ語の研究者として知られる。昭和61年2月6日自宅で死亡しているのが発見された。77歳。愛媛県出身。東京帝大卒。著作に「回教全貌」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android