八木柊一郎(読み)やぎ しゅういちろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

八木柊一郎 やぎ-しゅういちろう

1928-2004 昭和後期-平成時代の劇作家。
昭和3年12月20日生まれ。昭和30年「三人の盗賊」でデビュー。35年六○年安保闘争劇作家グループとして参加し,「波止場乞食と六人の息子たち」「コンベヤーは止まらない」(「新劇岸田戯曲賞)などを発表。62年「国境のある家」で紀伊国屋演劇賞平成8年「カラマーゾフの兄弟」「メリー・ウィドウへの旅」などで芸術選奨。ほかに「空巣」など。平成16年6月14日死去。75歳。神奈川県出身。山形高中退。本名は伸一。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android