コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

公事家 クジヤ

デジタル大辞泉の解説

くじ‐や【公事家】

中世後期、公事の徴収単位となった有力農民。近世初期の本百姓にあたる。役屋。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くじや【公事家】

中世後期から近世初頭にかけて、公事(雑税)の徴収単位となった有力農民のこと。役家やくや

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の公事家の言及

【役家】より

…領主の徴発する夫役(ぶやく)を負担する家を〈公事家(くじや)〉〈役家〉などと呼んだ事例は地域によって戦国時代にもみられるが,全国的規模で〈公儀の役〉負担の家が,役家ないし役屋として制度化されたのは,いわゆる太閤検地実施以後とみられる。戦国期から近世初期のころには,農民を陣夫役,普請役等として徴用・動員することが多く,領主にとって夫役負担能力をあらかじめ確認しておくことは重要であった。…

※「公事家」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

公事家の関連キーワード役家雑税