コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

役屋/役家 ヤクヤ

3件 の用語解説(役屋/役家の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

やく‐や【役屋/役家】

江戸前期、検地帳登録者のうち、屋敷を持ち、一人前夫役(ぶやく)負担をする農民。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

役屋【やくや】

役家とも。江戸初期夫役を負担した農民。一人前の夫役を負担する本役屋のほか半役屋,三分一役屋などがあり,相続によって分割されることもあった。役屋は役を負担しない無足人などよりは身分的に上位にあった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

役屋
やくや

戦国時代から江戸時代にかけて、領主が一人前の夫役(ぶやく)負担者として把握した農民をいう。役家とも書き、公事(くじ)屋ともいった。その由来は、中世の名主(みょうしゅ)の役負担にあるとみられ、戦国期から太閤(たいこう)検地を経て江戸初期にかけては、検地帳に名請(なうけ)された農民のなかで、屋敷を所有し、一人前の夫役負担をする農民を役屋とよんだ。役屋は夫役の義務を負担するかわりに、山川原野の用益の権利をもつことを認められ、それによって村内の小百姓を隷属させることができた。やがて小百姓が本百姓として自立するに伴って、本来の役屋の一軒役が、半役、三分一役と分割されていき、その体制が変質し、江戸中期以後には、役屋体制は解体していった。[上杉允彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

役屋/役家の関連キーワード本百姓役家スピルオーバー効果蠲免伝馬町伯庵老丁倉敷チボリ公園琵琶湖環状線柄在家

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone