コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

公卿政治 くぎょうせいじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

公卿政治
くぎょうせいじ

奈良・平安時代国政は,太政官公卿 (くぎょう) によって推進されたので,これを公卿政治という。公とは太政大臣左大臣・右大臣・内大臣のことで,平安時代には摂政・関白をも含む。卿とは大納言・中納言・参議と三位以上を指し,併せて公卿と呼ぶ。国家の最上級官人のことだったが,平安時代には最上級身分の呼称ともなった。天皇の政治は,実際には公卿会議によって運営され,上層貴族の意向が国政に反映される仕組みになっていた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

公卿政治の関連キーワード岩倉高等学校岩倉具視三条実美河鰭実文

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android