コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

公正証書原本不実記載等罪 コウセイショウショゲンポンフジツキサイトウザイ

デジタル大辞泉の解説

こうせいしょうしょげんぽんふじつきさいとう‐ざい【公正証書原本不実記載等罪】

公務員に虚偽の申告をして、登記簿戸籍簿などの公正証書の原本や電磁的記録に、事実でない記載・記録をさせる罪。刑法第157条が禁じる。5年以下の懲役または50万円以下の罰金に処せられる。また、免許証やパスポートなどに事実でない記載をさせた場合は、1年以下の懲役または20万円以下の罰金に処せられる。公正証書原本不実記載罪電磁的公正証書原本不実記録罪

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

公正証書原本不実記載等罪の関連キーワード偽造公文書行使等罪文書偽造罪

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android