戸籍簿(読み)こせきぼ

百科事典マイペディア「戸籍簿」の解説

戸籍簿【こせきぼ】

同一市町村内の戸籍を地番のまたは五十音順によってつづった帳簿正本副本を設け,正本は市役所または町村役場に,副本は監督法務局もしくは地方法務局に備えられる。戸籍簿は公開されるが,その方法は謄本・抄本・記載事項証明の交付である。それらの公開を請求された市町村長は,不当な目的に使用することが明らかであるときは,請求を拒否することができる。→戸籍謄本戸籍抄本
→関連項目指導要録本籍

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「戸籍簿」の解説

こせき‐ぼ【戸籍簿】

〘名〙 同一市町村内の戸籍を地番号または五十音の順につづった公の帳簿。正本と副本の二通があり、正本は市役所または町村役場に備え、副本は監督法務局もしくは地方法務局またはその支局に保存される。
戸籍法(明治三一年)(1898)一七二条「戸籍簿は正副二本を設く」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「戸籍簿」の解説

こせき‐ぼ【戸籍簿】

同一市町村内の戸籍を、地番号および戸籍筆頭者の五十音の順につづった帳簿。正副2通があり、正本は市役所・町村役場に備え、副本法務局に保存される。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の戸籍簿の言及

【戸籍】より

…すなわち,全国各地方を区に分け,区におかれた戸長・副戸長が戸籍事務を処理し,戸籍統計は中央政府に差し出すものとされた。戸籍簿は,京都府の戸籍法における族籍別の編製を排し,華士族平民の別なく屋敷に番号をつけ,番号順に編製した。各戸籍は,戸籍書式に基づき,戸主を中心として一定の規格をもって編製された。…

【賦役黄冊】より

…中国,明代の戸籍簿,同時に租税台帳を兼ねた。単に黄冊ということも多い。…

※「戸籍簿」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android