コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

公的規制 こうてききせいpublic regulation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

公的規制
こうてききせい
public regulation

市場機構に経済の基礎をおく国家において,競争の不完全性や自然独占などミクロ・レベルの「市場の失敗」に対して,これを補正するために政府が行う政策をいう。その目的と手段によって,企業の独占的な行動に対処するための独占禁止政策と,許認可制によって企業の意思決定に直接介入する直接規制とに大別され,後者はさらに経済的規制と社会的規制とに分類される。市場機構と直接規制とがうまくかみあうことで経済政策目標がよりよく実現されると考えられてきたが,実際には規制のための法律の増加に合せて,それを実行するための行政費用が増加し,結果的に消費者の負担が増し,企業の効率化を妨げることにもなった。このため近年では,規制改革もしくは規制緩和の方向にある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

公的規制の関連キーワード臨時行政改革推進審議会規制緩和推進5ヵ年計画金融制度改革関連法資源管理型漁業検閲(公権力)スティグラー規制改革会議公共交通機関金利自由化着床前診断資本自由化マンション下方硬直性テレビ放送建築主事契約理論路線バス交通事業品質表示僕婢条令

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

公的規制の関連情報