コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

公順 こうじゅん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

公順 こうじゅん

?-? 鎌倉-南北朝時代の僧,歌人。
近江(おうみ)(滋賀県)園城(おんじょう)寺の僧で,法印権大僧都(ごんのだいそうず)となる。二条為世(ためよ)にまなび,その子為藤や長舜(ちょうしゅん)と親交があった。「新後撰和歌集」「続千載和歌集」などの勅撰集に6首ある。永仁(えいにん)-建武(けんむ)(1293-1338)の歌をおさめた家集「拾藻鈔(しゅうそうしょう)」がある。俗姓は藤原。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

公順の関連キーワード南北朝時代

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android