コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

六作 ろくさく

世界大百科事典 第2版の解説

ろくさく【六作】

近世の能面作家たちのあいだで伝承されてきた古い時代の作家の格付けの一つで,十作につぐ格のもの6人をいう。伝書によって異なるが,増阿弥千種,福来,宝来春若,石翁(王)兵衛などで,福来と石王兵衛を同一人としてほかに三光坊を加えるものもある。いずれにせよ十作よりやや年代的に下り,室町時代の作家と考えてよいであろう。彼らの作風はある程度推察できるが,その作品を同定することはまだむずかしい。【田辺 三郎助】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

六作の関連キーワードボールドウィン(James Baldwin、作家)ハーディ(Thomas Hardy)コーエン(Joel Coen)名奉行遠山の金さん〈6〉おみやさん〈6〉江戸を斬る〈6〉ジャーミー棒屋孫十郎増阿弥久次井戸村与六タンニネン松田権六茂右衛門新兵衛面打愛若長十宗伯神作俊白

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

六作の関連情報