コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

福来(ふくらい)

2件 の用語解説(福来(ふくらい)の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

福来(ふくらい)

岩手県、株式会社福来の製造する日本酒。平成21、22、23酒造年度の全国新酒鑑評会で金賞を受賞。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

ふくらい【福来】

岩手の日本酒。酒名は、飲む人、売る人、造る人に福が来るようにとの願いを込めて命名。大吟醸酒は平成20~23年度全国新酒鑑評会で金賞受賞。ほかに純米酒、本醸造酒、純米原酒がある。原料米は山田錦、吟ぎんが、ぎんおとめなど。仕込み水は名水の里・宇部地区の地下水。蔵元の「福来」は明治40年(1907)創業。所在地は久慈市宇部町。

出典|講談社
(C)Kodansha 2010.
本事典は現在流通している、あるいは過去に存在した本格焼酎・泡盛の銘柄を集めたものです。限定品や終売品、蔵元の転廃業などで既になくなった銘柄も含まれていますのでご了承下さい。それぞれの情報は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

福来(ふくらい)の関連キーワード燦爛白雲三立磐乃井酒仙栄光宝峰玉の春天瓢䣨右衛門来楽

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone