コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十作 ジッサク

百科事典マイペディアの解説

十作【じっさく】

南北朝〜室町時代の代表的能面作者10人をさし,神作に次ぐ名工とされる。日光,弥勒(みろく),夜叉(やしゃ),福原文蔵竜右衛門赤鶴(しゃくつる)吉成,氷見(ひみ)宗忠,越智吉舟,小牛清光徳若忠政

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じっさく【十作】

近世の能面作家たちのあいだで伝承されている古い時代の作家の格付けの一つで,〈最初の最大の10人の作家〉というほどの意味である。その作家名は伝書によって多少異なるが,日光,弥勒,夜叉,文蔵,小牛(こうし),赤鶴(しやくつる),竜右衛門日氷(ひみ),越智,三光坊とするもの,このうち三光坊のかわりに徳若をいれるものなどがあり,最初の日光と弥勒は神作に近い伝説の人物であるが,以下はおよそ南北朝から室町時代に実在した作家と考えられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

じっさく【十作】

鎌倉・室町時代にかけて現れたとされる能面作りの名人一〇人。多少の出入りがあるが、普通、日光・弥勒みろく・夜叉やしや・文蔵・竜(辰)右衛門・赤鶴しやくづる・石王兵衛いしおうひようえ・越智えち・小牛・徳若をいう。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

十作の関連キーワードバールー‐シューバール市川 団蔵(7代目)吉右衛門(1)六兵衛(1)治兵衛(1)半七(1)棒屋孫十郎城間 正安1月18日成田為三平良真牛橋本国彦氷見宗忠城間正安東京音頭石川重政鎌倉時代森博嗣金九郎八郎二

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

十作の関連情報