コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

六価クロム土壌汚染 ろっかクロムどじょうおせん

1件 の用語解説(六価クロム土壌汚染の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

六価クロム土壌汚染
ろっかクロムどじょうおせん

産業廃棄物による土壌汚染の一つ。 1975年春,日本化学工業小松川工場から排出されたクロム鉱滓が東京都江戸川区,江東区などを中心に都内 100ヵ所以上,推定約 100万tも埋められていることが判明,これに大量に含まれる六価のクロム化合物が人体を糜爛させることから大きな問題となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

六価クロム土壌汚染の関連キーワード産業廃棄物廃棄物の処理及び清掃に関する法律廃棄物処理法産業廃棄物処理施設産業廃棄物税産廃税土壌汚染対策法産業廃棄物処理廃棄物その他の物質の投棄による海洋汚染の防止に関する条約有害産業廃棄物

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone