コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

六価クロム土壌汚染 ろっかクロムどじょうおせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

六価クロム土壌汚染
ろっかクロムどじょうおせん

産業廃棄物による土壌汚染の一つ。 1975年春,日本化学工業小松川工場から排出されたクロム鉱滓が東京都江戸川区江東区などを中心に都内 100ヵ所以上,推定約 100万tも埋められていることが判明,これに大量に含まれる六価のクロム化合物が人体を糜爛させることから大きな問題となった。また,産業廃棄物の処理方法をめぐって社会問題を引起した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

六価クロム土壌汚染の関連キーワード黒人問題谷川俊太郎三東ルシア採石業深作欣二EA-71紀田順一郎キング・クリムゾン神代辰巳ジョン・ウー

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android