コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

六十七論題解説 ろくじゅうしちろんだいかいせつAuslegung und Begründung der 67 Schlussreden

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

六十七論題解説
ろくじゅうしちろんだいかいせつ
Auslegung und Begründung der 67 Schlussreden

1523年1月,チューリヒ市議会堂で予定されたコンスタンツ市司教総代理との討論会にそなえて同月,スイスの神学者 H.ツウィングリが公表した書。自説を解説する目的で 67命題にまとめたもの。唯一の救い主,仲保者としてのキリスト,神の言葉 (聖書) の絶対的最高主権を強調,ローマ教皇体制を拒否して,中世教会から決別した。彼の主張は,大多数の土地の司祭たちに受入れられ,司祭の独身制の廃止,典礼の改革など,ルター派とは異なるスイスにおける宗教改革の最初の信仰告白となった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

六十七論題解説の関連キーワード池坊専応口伝グスタブ[1世]イブラヒム・パシャスウェーデン史勘合貿易遣明船(年表)足利義稙荒島岳グスタフクレメンスシニョレリ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android