コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

池坊専応口伝 いけのぼうせんおうくでん

世界大百科事典 第2版の解説

いけのぼうせんおうくでん【池坊専応口伝】

池坊専応によるいけばなの伝書。《専応花伝書》ともいう。専応は花道の成立期である1523年(大永3)ごろから43年(天文12)ごろまでに活躍した文阿弥(もんあみ)と同時代の立花(たてはな)の名手で,頂法寺六角堂の僧侶であり,池坊の流れにおける花道の大成者でもある。専応の口伝を記述した伝書のうち現存するものは,いずれも転写本であるが,1523年から42年にかけての6種がある。とくに名高いものは専応が自筆で42年に円林坊賢盛へ相伝したとの奥書をもつ《続群書類従》所収本である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の池坊専応口伝の言及

【いけばな】より

…このような立花成立への試行期には,立花よりもより自由な景観描写的ないけばなも存在していたようで,現在最も古い花書ではないかと考えられる《花王以来の花伝書》には,〈岸くづれの花〉や室外の縁に置いたいけばなが見られ,前栽との関連が注目される。 日本のいけばなが明確な理念をもって歴史の上に登場するのは,《池坊専応口伝》によってである。〈瓶に花をさす事いにしへよりあるとはきゝ侍れど,それはうつくしき花をのみ賞して,草木の風興をもわきまへず,只さし生たる計なり〉として〈この一流は野山水辺おのづからなる姿を居上にあらはし〉,さらに〈たゞ小水尺樹をもつて江山数程の勝(しようがい)をあらはし〉と述べている。…

※「池坊専応口伝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

池坊専応口伝の関連キーワードキンセンカ池坊専応いけ花フヨウ

池坊専応口伝の関連情報