コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

六波羅殿 ロクハラドノ

大辞林 第三版の解説

ろくはらどの【六波羅殿】

京都の六波羅にあった平氏の邸宅。
平清盛の異名。
[2] 六波羅探題の別名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の六波羅殿の言及

【平清盛】より

…この生母は清盛生誕の翌々年に病没したらしい。通称〈平相国(へいしようこく)〉〈平禅門(へいぜんもん)〉,またその居所から〈六波羅殿(ろくはらどの)〉〈六波羅入道〉とも呼ばれた。
[軍事権門化]
 平忠盛が鳥羽院の近臣として築きあげた武将としての地位,西国の国守を歴任して蓄えた財力をもとに,忠盛死後,平家武士団の首長を継ぐ。…

※「六波羅殿」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

六波羅殿の関連キーワード極楽寺殿御消息北条重時家訓北条重時北条長時六波羅泳ぐ平氏邸宅異名

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android