六籍(読み)りくせき

精選版 日本国語大辞典「六籍」の解説

りく‐せき【六籍】

儒学の根幹となる六種の書、易・詩・書・春秋・礼・楽の総称。転じて、経書。六経(りっけい)
※令義解(833)職員「図書。〈。五経六籍河図洛書之類。其諸史百家亦兼掌也〉」 〔班固‐東都賦〕

ろく‐せき【六籍】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の六籍の言及

【六経】より

…人間の理想態たる聖人・先王が作ったと確信されるがゆえに,人間生活の規範のすべてがそこに求められると考えて,経(経書)という。六芸,六学,六籍ともいわれる。【安本 博】。…

※「六籍」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

榷場

中国,宋代に北・西方の外民族との貿易を管理するため国境におかれた官庁。 榷務,榷署とも呼ばれる。太平興国2 (977) 年,契丹との交易のため設けられたのに始り,景徳4 (1007) 年西夏との間にお...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android