コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

共同フロート きょうどうフロート joint float

1件 の用語解説(共同フロートの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

きょうどうフロート【共同フロート joint float】

複数の国が相互間では固定為替相場制(調整可能な釘付け相場制)を採りながら,他国通貨に対しては全体として変動為替相場制を採ることを指す。1971年末のスミソニアン合意に伴ってIMF(国際通貨基金)加盟国間の為替相場変動幅が上下各21/4%,計41/2%に拡大されたが,1970年末から域内通貨の変動幅縮小を計画していたEC(ヨーロッパ共同体)は,72年4月,加盟6ヵ国通貨間の変動幅を基準相場の上下各11/8%,計21/4%とする縮小変動幅の取決めを実施した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

共同フロートの関連キーワード為替相場基準為替相場裁定為替相場通貨バスケット制為替裁定屈伸為替相場制固定相場制二重為替制度平価切上げ固定相場制(Fixed Exchange Rate System)

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone