コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

共有レベルのセキュリティー

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

共有レベルのセキュリティー

Windows 95におけるセキュリティー機能の1つ。Windows 95には、Windowsネットワークのクライアント(Windows NTやWindows 95、MS-DOSなど)に対して資源を公開するサーバー機能があるが、この際に設定するセキュリティー機能には、「共有レベルのセキュリティー」と「ユーザーレベルのセキュリティー」の2種類がある。このうち「共有レベルのセキュリティー」では、ネットワークに公開する資源ごとにパスワード文字列を設定し、正しいパスワードを入力したユーザーだけが資源を利用できるようにする。Windows 95で公開する共有ディレクトリでは、読み出しのみ(リードオンリー)、フルアクセス(変更や削除も可能)のそれぞれに別のパスワードを設定し、入力されたパスワードにより、このいずれかのアクセス権を切り替えるということもできる。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

共有レベルのセキュリティーの関連キーワードWindows XPWindowsマイクロソフトWindows 8.1WindowsWindows MeWindows 8Windows 7Windows NTWindows Media Player

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone