コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

共有電子対 キョウユウデンシツイ

2件 の用語解説(共有電子対の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

きょうゆう‐でんしつい〔キヨウイウ‐〕【共有電子対】

二つの原子の共有結合において、結合に寄与する電子対のこと。それぞれの原子が同数の電子を出し合いスピンの符号が異なる電子が対となって結合する。結合電子対

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

共有電子対
きょうゆうでんしつい

2個の原子がそれぞれ電子を出し合って化学結合をつくるとき、共有結合が形成される。そのとき結合軌道では、二つの電子がそれぞれスピン波動関数の符号を異にして対をつくる。この状態を二つの電子の間に共有電子対ができたという。
 対をつくる電子は二つの原子から対等に出される。たとえば、水素分子H2では、二つの水素原子の計2個の電子が対をつくって、水素原子間に共有結合をつくる。塩化水素HClでは、水素原子の電子1個と、塩素原子の最外殻電子1個が対をつくり、両原子の間に共有結合ができる。窒素分子の場合、窒素原子は(1s)2(2s)2(2px)(2py)(2pz)の電子配置をもち、それぞれが対をつくり、σ(1s)σ(2s)σ(2px)π(2py)π(2pz)の分子軌道をつくる()。これらの分子軌道はそれぞれ2個の電子対をもっており、いずれも共有電子対である。したがって窒素分子は3組の共有電子対をもち、これを三重結合といっている。この状態を表すのにの点電荷方式や結合手の方式が用いられてきた。しかし図から明らかなように、3本の線で表されている窒素分子の化学結合は同等ではなく、一つはσ(シグマ)結合、二つがπ(パイ)結合である。[下沢 隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

共有電子対の関連キーワード共有結合σ結合二重結合配位結合π結合三重結合単結合結合角T効果ファヤンスの規則

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

共有電子対の関連情報