コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

共有電子対 キョウユウデンシツイ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

共有電子対
きょうゆうでんしつい

2個の原子がそれぞれ電子を出し合って化学結合をつくるとき、共有結合が形成される。そのとき結合軌道では、二つの電子がそれぞれスピン波動関数の符号を異にして対をつくる。この状態を二つの電子の間に共有電子対ができたという。
 対をつくる電子は二つの原子から対等に出される。たとえば、水素分子H2では、二つの水素原子の計2個の電子が対をつくって、水素原子間に共有結合をつくる。塩化水素HClでは、水素原子の電子1個と、塩素原子の最外殻電子1個が対をつくり、両原子の間に共有結合ができる。窒素分子の場合、窒素原子は(1s)2(2s)2(2px)(2py)(2pz)の電子配置をもち、それぞれが対をつくり、σ(1s)σ(2s)σ(2px)π(2py)π(2pz)の分子軌道をつくる()。これらの分子軌道はそれぞれ2個の電子対をもっており、いずれも共有電子対である。したがって窒素分子は3組の共有電子対をもち、これを三重結合といっている。この状態を表すのにの点電荷方式や結合手の方式が用いられてきた。しかし図から明らかなように、3本の線で表されている窒素分子の化学結合は同等ではなく、一つはσ(シグマ)結合、二つがπ(パイ)結合である。[下沢 隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

共有電子対の関連キーワードクーパー(Leon Neil Cooper)エーテル(酸素化合物)ヒドロニウムイオンオキソニウム化合物複素環式化合物シュリーファーウェルナー錯体アセトアニリド有効原子番号非共有電子対ヘテロリシス非結合電子対ヒドラジン付加化合物配位化合物有機電子論分子化合物電子供与体共鳴混成体ナイトレン

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

共有電子対の関連情報