共焦点レーザー顕微鏡(読み)きょうしょうてんれーざーけんびきょう(英語表記)confocal laser scanning microscope

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

共焦点レーザー顕微鏡
きょうしょうてんれーざーけんびきょう
confocal laser scanning microscope

レーザー走査顕微鏡の一種で、結像方式を共焦点にした試料を三次元的に高解像度で再現できる顕微鏡。共焦点とは、試料の一部にレーザー光の焦点を結び、その焦点からのレーザー光による蛍光を光検出器前に設けたピンホールに再度、焦点を形成する結像方式である。試料からのレーザー光は途中のダイクロイックミラーで除去し、試料からの焦点以外の蛍光はピンホールで遮ることにより、高感度で高解像度の画像を取得できる。共焦点にすることにより、奥行方向の焦点深度を狭くして、奥行(試料の厚さ方向)にも走査して三次元の高解像度の画像をコンピュータにより合成することができる。厚い試料でもピントをあわせた画像を得られ、試料の部分的な走査画像をコンピュータ上で再構成して立体的な構造を把握できるため、細胞などの生体試料の観察のほか、集積回路や半導体の品質管理などに幅広く利用されている。[山本将史]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

グリンパティック系

脳内でリンパ系と同様のはたらきをもつ循環システム。グリア細胞(神経膠細胞)が血管周囲に形成したパイプ状の構造に脳脊髄液を循環させ、脳内に蓄積した老廃物を除去する。覚醒時より睡眠時の方がより活動的である...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android