コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

焦点深度 しょうてんしんどdepth of focus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

焦点深度
しょうてんしんど
depth of focus

写真レンズの特性の一つで,被写体ピントを合せたとき,焦点の前後で錯乱円の直径が点として許容できる大きさ (たとえば 35ミリ判では 0.028mm,6×6判では 0.050mm,6×7判では 0.056mm,6×9判では 0.064mm) となる範囲。つまり実用上許容できるピントが合う焦点の範囲をいう。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しょうてん‐しんど〔セウテン‐〕【焦点深度】

カメラなどで、焦点を中心に鮮明なを結ぶと考えられる光軸上の範囲。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

焦点深度【しょうてんしんど】

レンズの焦点をある一点に合わせた場合,その点から前後になお鮮明な像を結び得る範囲をもつ。この両限界間の距離を焦点深度という。短焦点レンズほど,またレンズの口径(絞りの径)が小さいほど焦点深度は大きく,シャープに映る像をつくるピント合せの範囲が広くなる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

しょうてんしんど【焦点深度】

焦点に立てた光軸に垂直な面を光軸にそって前後に移動しても遠方からの光線の像が鮮鋭に見える光軸上の範囲。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

焦点深度の関連キーワード共焦点レーザー顕微鏡ビデオディスクパンフォーカス共焦点顕微鏡広角レンズ虹彩絞りカメラF数瞳孔

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

焦点深度の関連情報