コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

共通イオン効果 きょうつうイオンこうかcommon-ion effect

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

共通イオン効果
きょうつうイオンこうか
common-ion effect

ある種のイオンを含む溶液に,それと同じイオン (共通イオン) を放出する物質を外から加えると,共通イオンの相手のイオンの濃度を減少させるような平衡移動が起る (ル・シャトリエの法則 ) 。この効果を共通イオン効果という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

共通イオン効果
きょうつういおんこうか
common-ion effect

酸解離、錯生成、沈殿生成などの溶液反応の平衡式A++B- ABにおいて、A+あるいはB-のイオンの濃度を当量関係より高くして平衡を右に移動させることをいう。たとえば、塩化ナトリウムNaClの飽和水溶液に塩化水素ガスHClを吹き込むと、溶液中のCl-イオン濃度が増加して塩化ナトリウムの沈殿生成反応が進行する。重量分析、水素イオン濃度(pH)の調整、物質の精製などにこの原理は利用されることが多い。[岩本振武]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

共通イオン効果の関連キーワードル・シャトリエ塩化ナトリウム第二種塩効果溶解度積

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android