コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

房室弁 ぼうしつべんatrioventricular valve

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

房室弁
ぼうしつべん
atrioventricular valve

心臓の心房心室の間にある弁。右房室弁と左房室弁があり,それぞれ三尖弁僧帽弁と呼ばれる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ぼうしつ‐べん〔バウシツ‐〕【房室弁】

心房と心室の境にある弁。左房室弁を僧帽弁・二尖弁(にせんべん)、右房室弁を三尖弁ともよぶ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ぼうしつべん【房室弁】

心臓弁膜の一。心房と心室の間にあり、心室から心房への血液の逆流を防いでいる。 → 三尖さんせん弁 ・ 僧帽そうぼう

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

房室弁の関連キーワード心臓のしくみとはたらき心内膜床欠損(症)修正大血管転位症共通房室弁口先天性心疾患心臓弁膜症心機能検査心臓弁膜単心室乳頭筋心臓心筋心音

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android