コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

共鳴散乱 きょうめいさんらんresonance scattering

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

共鳴散乱
きょうめいさんらん
resonance scattering

原子核に入射する粒子のエネルギーが,入射粒子原子核との複合核の励起状態のエネルギー準位のどれか1つに近いときに共鳴現象が起り,散乱の確率がその付近で鋭い極大をもつ。このような散乱を共鳴散乱という。共鳴を起すエネルギーの間隔は軽い原子核では数 MeVで,重い原子核ほど間隔が狭くなり,質量数 100程度では数 eVになる。同様に原子や分子による電子の散乱にも共鳴現象が現れる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

共鳴散乱の関連キーワードポテンシャル散乱メスバウアー効果核反応大気光

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

共鳴散乱の関連情報