コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内膳司 ウチノカシワデノツカサ

6件 の用語解説(内膳司の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

うちのかしわで‐の‐つかさ〔うちのかしはで‐〕【内司】

ないぜんし(内膳司)

ないぜん‐し【内膳司】

律令制で、宮内省に属し、天皇の食事をつかさどった役所。うちのかしわでのつかさ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ないぜんし【内膳司】

令制の宮内省所属の官司。供御(くご)(天皇に供する物)の食事や皇后の食事の調理をつかさどる(供膳は後宮職の膳司がつかさどる)。職員は奉膳(ぶうぜん)(長官)2人,典膳(てんぜん)(判官)6人,令史(主典)1人,膳部(伴部)40人など。飛鳥浄御原令以前から存在した膳職が,大宝令により官人等の食事をつかさどる大膳職(だいぜんしき)と,内膳司に分立した。異例の長官2人制は,令制以前から供御をつかさどった高橋氏(膳(かしわで)氏の一族)と阿曇(あずみ)氏(海人を統率した)が相並んで奉膳に任ぜられるようにはかられたものか。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

うちのかしわでのつかさ【内膳司】

ないぜんし【内膳司】

律令制で、宮内省に属し天皇の食膳の調理をつかさどった官司。うちのかしわでのつかさ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

内膳司
ないぜんし

令制下、宮内省(くないしょう)の管轄で天皇の食膳の調理を担当した役所。正六位(しょうろくい)の奉膳(ぶぜん)(長官)2人が毒味を担当。調理責任者たる典膳(てんぜん)6人、令史(さかん)1人、調理をする膳部(かしわで)40人、使部(つかい)10人、直丁(じきちょう)1人、駈使丁(くしちょう)20人が所属した。高橋・安曇(あずみ)両氏以外が長官のときは奉膳ではなく、内膳正(ないぜんのかみ)と称した。奈良時代の内膳司の位置は、平城宮跡の出土木簡の記載内容と「内裏盛所(だいりもりどころ)」の墨書土器から、内裏地区の北側と推定されている。[岩本次郎]
『奈良国立文化財研究所編・刊『平城宮発掘調査報告』(1976)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の内膳司の言及

【高橋氏】より

…この点に関連して,高橋氏を膳氏の支流とする説と膳氏の本宗とする説との両説がある。高橋氏は律令制の成立後は,膳氏が大化前代以来天皇の供御に奉仕した実績を背景に内膳司の長官である奉膳(ぶぜん)(あるいは判官の典膳)に任ぜられるのを常としたが,同じく奉膳として奉仕する阿曇(あずみ)氏との間に対立を生じ,とくに神事の際の行列の前後についてしばしば争った。ちなみに内膳司の長官の奉膳の定員が2名と定められているのは高橋,阿曇両氏の伝統的立場を考慮した結果と思われるが,それが両氏の対立の原因ともなった。…

※「内膳司」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

内膳司の関連キーワード掃部寮宮内省主殿寮大膳職鍛冶司供御所木工寮主水司造酒司精進供御人

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone