兼帯(読み)ケンタイ

デジタル大辞泉の解説

けん‐たい【兼帯】

[名](スル)
一つで二つ以上の用を兼ねること。兼用。「朝昼兼帯の食事」
一人で二つ以上の職務を兼ね帯びること。兼任。兼務。
「二役(ふたやく)ヲ―スル」〈和英語林集成

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

けんたい【兼帯】

( 名 ) スル
二つ以上の役目をかねること。兼用。 「朝食あさめし-の午の膳に/明暗 漱石
二つ以上の官職や職務をかねること。兼任。 「手代が商売しながら自から取締の事をも-する/福翁百話 諭吉

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

けん‐たい【兼帯】

〘名〙
① 官職を兼ねること。二つ以上の職務や役目をかけもちすること。兼任。
※三代格‐五・天長三年(826)一〇月七日「諸司官人兼帯国司」 〔事文類聚〕
② 一つで二つ以上の用を兼ねること。兼用すること。
※卍庵仮名法語(18C中か)「空仮の二法を兼帯して中道第一義を成立す」
※明暗(1916)〈夏目漱石〉五九「お時の御給仕で朝食(あさめし)兼帯(ケンタイ)の午(ひる)の膳に着くのも」
③ 複数の人で、一所を共有すること。
御伽草子・鴉鷺合戦物語(室町中)「森林は鴉鷺けんたいの地も有べし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android