コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

兼海 けんかい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

兼海 けんかい

1107-1155 平安時代後期の僧。
嘉承(かじょう)2年生まれ。真言宗。紀伊(きい)の人。高野山覚鑁(かくばん)に師事し,その跡をつぎ密厳院2世,大伝法院学頭となる。のち師にしたがって根来(ねごろ)の円明寺にはいり,その没後同寺2世。鳥羽(とば)上皇,美福門院帰依(きえ)をうけ,大伝法院の発展につくした。久寿2年5月10/30日死去。49歳。字(あざな)は浄法

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

兼海の関連キーワードクズネツォフ(Nikolay Gerasimovich Kuznetsov)ニコライ クズネツォフサガット・チャロユー種子田 右八郎山梨 勝之進種子田右八郎名和 又八郎吉川 為久蔵中牟田倉之助小栗孝三郎溝部 洋六伊藤 孝次伊東 祐亨吉河為久蔵清河 純一川村 純義平岡 貞一名和又八郎渡辺崋山岩倉具視

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android