コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

兼海 けんかい

1件 の用語解説(兼海の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

兼海 けんかい

1107-1155 平安時代後期の僧。
嘉承(かじょう)2年生まれ。真言宗。紀伊(きい)の人。高野山で覚鑁(かくばん)に師事し,その跡をつぎ密厳院2世,大伝法院学頭となる。のち師にしたがって根来(ねごろ)の円明寺にはいり,その没後同寺2世。鳥羽(とば)上皇,美福門院の帰依(きえ)をうけ,大伝法院の発展につくした。久寿2年5月10/30日死去。49歳。字(あざな)は浄法。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

兼海の関連キーワード鳥羽天皇堀河天皇堀河天皇堀河天皇讃岐典侍日記藤原範兼源義賢後白河天皇近衛天皇アルノルド派

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

兼海の関連情報