コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

兼海 けんかい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

兼海 けんかい

1107-1155 平安時代後期の僧。
嘉承(かじょう)2年生まれ。真言宗。紀伊(きい)の人。高野山覚鑁(かくばん)に師事し,その跡をつぎ密厳院2世,大伝法院学頭となる。のち師にしたがって根来(ねごろ)の円明寺にはいり,その没後同寺2世。鳥羽(とば)上皇,美福門院帰依(きえ)をうけ,大伝法院の発展につくした。久寿2年5月10/30日死去。49歳。字(あざな)は浄法

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

兼海の関連キーワードクズネツォフ(Nikolay Gerasimovich Kuznetsov)ニコライ クズネツォフサガット・チャロユー種子田 右八郎中牟田倉之助名和 又八郎種子田右八郎吉川 為久蔵山梨 勝之進吉河為久蔵名和又八郎清河 純一川村 純義伊東 祐亨小栗孝三郎伊藤 孝次溝部 洋六平岡 貞一渡辺崋山松前崇広

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android