コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

嘉承 カショウ

大辞林 第三版の解説

かしょう【嘉承】

年号(1106.4.9~1108.8.3)。長治の後、天仁の前。堀河・鳥羽天皇の代。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本の元号がわかる事典の解説

かしょう【嘉承】

日本の元号(年号)。平安時代の1106年から1108年まで、堀河(ほりかわ)天皇、鳥羽(とば)天皇の代の元号。前元号は長治(ちょうじ)。次元号は天仁(てんにん)。1106年(長治3年)4月9日改元。奇星(彗星)が現れたことを理由に行われた。『漢書(かんじょ)』を出典とする命名。1107年(嘉承2)、堀河天皇が崩御し、皇子の鳥羽天皇が5歳で即位した。

出典|講談社日本の元号がわかる事典について | 情報

嘉承の関連キーワード藤原実子(1)讃岐典侍日記篤子内親王善子内親王妙法(2)東大寺要録令子内親王藤原忠通藤原範兼藤原永範類聚歌合藤原敦基栄花物語藤原顕頼竈門神社中河御厨藤原家成藤原通憲藤原公実作文大体

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android