コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内丹・外丹 ないたん・がいたん nei-dan wai-dan

1件 の用語解説(内丹・外丹の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

内丹・外丹
ないたん・がいたん
nei-dan wai-dan

道教の仙薬,およびその製造法。道教では,不老長生の薬を丹と呼んで,それを練り,つくりだすことに道士は熱中した。しかし,現実に化学的にはそれは不可能である。にもかかわらず,丹の仙薬を求める考えは絶えず,南宋 12世紀頃になると,人間の身体を丹炉に想定し,外物を用いないで体内で丹をつくれば不死にいたれる,と説く一派が現れた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

内丹・外丹の関連キーワード大石道教真誥真大道教道士武器等製造法北海道教育大学丹薬道教・路導人道教司馬承禎

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone