コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内山賀邸 うちやま がてい

世界大百科事典 第2版の解説

うちやまがてい【内山賀邸】

1722‐88(享保7‐天明8)
江戸中期の狂歌師。通称は伝蔵,名は淳時(なおとき),別号は椿軒(ちんけん)。江戸牛込加賀町に住した幕臣で,近隣の子弟に国学・歌学を教えていた。一面狂歌を好み門人にもすすめ,門下に四方赤良(よものあから),唐衣橘洲(からごろもきつしゆう),朱楽菅江(あけらかんこう),平秩東作(へずつとうさく)等天明狂歌大立者を輩出した。編著は和歌に《遺珠集》,狂歌に《明和十五番狂歌合》。〈天のはら鳴りて時々下るなら灸すゑてやれ雷の臍〉(《狂歌若葉集》)。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の内山賀邸の言及

【天明狂歌】より

…ところが明和年間(1764‐72)江戸山の手の一角に新鮮な運動が起こった。牛込加賀町の内山賀邸は近隣の子弟に国学を教えていたが,堅苦しいいっぽうの先生ではなく,みずからも狂歌を好み門弟にもすすめた。いち早く狂歌に手を染めたのは唐衣橘洲(からごろもきつしゆう)で,1767年(明和4)同門の一人19歳の四方赤良(よものあから)(大田南畝)が狂詩文集《寝惚(ねぼけ)先生文集》を出したのも刺激になったか,1769年橘洲宅で初めての狂歌会を開き,翌年賀邸,萩原宗固を判者として《明和十五番狂歌合》があった。…

※「内山賀邸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

内山賀邸の関連キーワード大田南畝萩原宗固蜀山人元木網坂静山

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android