天明狂歌(読み)てんめいきょうか

世界大百科事典 第2版の解説

てんめいきょうか【天明狂歌】

江戸後期天明年間(1781‐89)を中心とする狂歌。狂歌史上の黄金時代にあたる。江戸狂歌は早く半井卜養(なからいぼくよう),未得(みとく)の存在はあったものの単発的で,狂歌の中心は貞徳,生白庵行風(せいはくあんこうふう),豊蔵坊信海永田貞柳栗柯亭木端(りつかていぼくたん),混沌軒国丸(こんとんけんくにまる),一本亭芙蓉花(いつぽんていふようか)と上方にあった。ところが明和年間(1764‐72)江戸山の手の一角に新鮮な運動が起こった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android