コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天明狂歌 てんめいきょうか

世界大百科事典 第2版の解説

てんめいきょうか【天明狂歌】

江戸後期天明年間(1781‐89)を中心とする狂歌。狂歌史上の黄金時代にあたる。江戸狂歌は早く半井卜養(なからいぼくよう),未得(みとく)の存在はあったものの単発的で,狂歌の中心は貞徳,生白庵行風(せいはくあんこうふう),豊蔵坊信海永田貞柳栗柯亭木端(りつかていぼくたん),混沌軒国丸(こんとんけんくにまる),一本亭芙蓉花(いつぽんていふようか)と上方にあった。ところが明和年間(1764‐72)江戸山の手の一角に新鮮な運動が起こった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

天明狂歌の関連キーワード徳和歌後万載集芍薬亭長根狂歌若葉集万載狂歌集鹿都部真顔谷風梶之助加保茶元成石川雅望朱楽菅江萩原宗固山手白人土山孝之唐来三和木室卯雲唐衣橘洲馬場金埒銭屋金埒内山椿軒恋川春町加藤千蔭

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android