コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

狂歌若葉集 きょうかわかばしゅう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

狂歌若葉集
きょうかわかばしゅう

江戸時代後期の狂歌集。唐衣橘洲 (からごろもきっしゅう) ,平秩東作 (へずつとうさく) ,元木網 (もとのもくあみ) ,蛙面坊懸水,古瀬勝雄の撰。2巻。天明3 (1783) 年刊。作者別に約 60人の狂歌を集め,橘洲の 107首をはじめ,内山賀邸 (椿軒) ,東作,木網らが多数入集している。この期の代表的狂歌作者である四方赤良 (よものあから) ,朱楽菅江 (あけらかんこう) らが軽視されており,この頃の狂歌壇の事情を示している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

きょうかわかばしゅう〔キヤウカわかばシフ〕【狂歌若葉集】

江戸中期の狂歌集。天明3年(1783)刊行。唐衣橘洲による編纂(へんさん)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

きょうかわかばしゅう【狂歌若葉集】

天明狂歌初発期の代表的撰集。唐衣橘洲(からごろもきつしゆう)編。自序,置来(内山賀邸)序。1782年(天明2)序,83年刊。上下2冊。坡柳を巻頭に以下67人の作843首および漢詩1首を作者別に配列編集したもの。おもな作者は椿軒(内山賀邸),朱楽菅江(あけらかんこう),浜辺黒人,紀定丸飛塵馬蹄,樋口関月,出来秋万作,蛙面坊懸水(あめんぼうけんすい),平秩東作(へずつとうさく),元木網(もとのもくあみ),四方赤良(よものあから),智恵内子(ちえのないし),物事明輔,鹿都部真顔(しかつべのまがお),算木有政,物事うとき,古瀬勝男,橘洲。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の狂歌若葉集の言及

【天明狂歌】より

…とくに赤良は〈高き名のひびきは四方にわき出て赤良赤良と子供まで知る〉(蓼太)と詠まれるほどであった。狂歌は時の興によって詠むものであって,ことごとしく集など編むべきでないという意識もあり,このグループから狂歌集はなかなか出版されなかったが,1783年(天明3)橘洲の《狂歌若葉集》が刊行されると,同年一挙に10余点の狂歌書が刊行された。その一つ《狂歌知足振(しつたふり)》は江戸の狂歌グループとして小石川連,吉原連,芝連,四方連,朱楽連,堺町連,本町連を挙げ,登録作者は310人に及んでいる。…

※「狂歌若葉集」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

狂歌若葉集の関連キーワード万載狂歌集銭屋金埒

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android