狂歌若葉集(読み)きょうかわかばしゅう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「狂歌若葉集」の解説

狂歌若葉集
きょうかわかばしゅう

江戸時代後期の狂歌集。唐衣橘洲 (からごろもきっしゅう) ,平秩東作 (へずつとうさく) ,元木網 (もとのもくあみ) ,蛙面坊懸水,古瀬勝雄。2巻。天明3 (1783) 年刊。作者別に約 60人の狂歌を集め,橘洲の 107首をはじめ,内山賀邸 (椿軒) ,東作,木網らが多数入集している。この期の代表的狂歌作者である四方赤良 (よものあから) ,朱楽菅江 (あけらかんこう) らが軽視されており,この頃の狂歌壇の事情を示している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「狂歌若葉集」の解説

きょうかわかばしゅう〔キヤウカわかばシフ〕【狂歌若葉集】

江戸中期の狂歌集。2巻。天明3年(1783)刊行唐衣橘洲による編纂へんさん

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「狂歌若葉集」の解説

きょうかわかばしゅう【狂歌若葉集】

天明狂歌初発期の代表的撰集唐衣橘洲(からごろもきつしゆう)編。自,置来(内山賀邸)序。1782年(天明2)序,83年刊。上下2冊。坡柳を巻頭に以下67人の作843首および漢詩1首を作者別に配列編集したもの。おもな作者は椿軒(内山賀邸),朱楽菅江(あけらかんこう),浜辺黒人,紀定丸,飛塵馬蹄,樋口関月,出来秋万作,蛙面坊懸水(あめんぼうけんすい),平秩東作(へずつとうさく),元木網(もとのもくあみ),四方赤良(よものあから),智恵内子(ちえのないし),物事明輔,鹿都部真顔しかつべのまがお),算木有政,物事うとき,古瀬勝男,橘洲。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の狂歌若葉集の言及

【天明狂歌】より

…とくに赤良は〈高き名のひびきは四方にわき出て赤良赤良と子供まで知る〉(蓼太)と詠まれるほどであった。狂歌は時の興によって詠むものであって,ことごとしく集など編むべきでないという意識もあり,このグループから狂歌集はなかなか出版されなかったが,1783年(天明3)橘洲の《狂歌若葉集》が刊行されると,同年一挙に10余点の狂歌書が刊行された。その一つ《狂歌知足振(しつたふり)》は江戸の狂歌グループとして小石川連,吉原連,芝連,四方連,朱楽連,堺町連,本町連を挙げ,登録作者は310人に及んでいる。…

※「狂歌若葉集」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android