コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内山椿軒 うちやま ちんけん

3件 の用語解説(内山椿軒の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

内山椿軒

江戸中期の歌人・幕臣。通称伝蔵(三)、名は淳時、字は賀邸。和歌を坂静山に学ぶ。江戸六歌仙の一人。江戸狂歌の創始者でもあり、四方赤良唐衣橘洲・朱楽管江らをそだてた。天明8年(1788)歿、67才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

内山椿軒 うちやま-ちんけん

1723-1788 江戸時代中期の歌人。
享保(きょうほう)8年生まれ。幕臣。和歌を坂(ばん)静山にまなぶ。江戸六歌仙のひとり。江戸狂歌の創始者でもあり,四方赤良(よもの-あから),唐衣橘洲(からころも-きっしゅう),朱楽菅江(あけら-かんこう)らをそだて,「明和十五番狂歌合」の判者をつとめた。天明8年11月9日死去。66歳。名は淳時(なおとき)。通称は伝蔵(三)。別号に賀邸。歌集に「遺珠集」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

内山椿軒

没年:天明8.11.9(1788.12.6)
生年:享保8(1723)
江戸中期の歌人,儒学者。名淳時,通称伝蔵(伝三),別号賀邸。江戸の人。幕臣とされるが役職等未詳。和歌を坂静山に学び,堂上歌人の烏丸光胤,日野資枝にも指導を受けた。江戸の武家歌人として六歌仙のひとりに数えられるなど,当時の評価は高かった。没後刊行の家集『遺珠集』の書名は日野資枝が付けたもの。門人に大田南畝を代表とする天明狂歌師を多数擁し,自らも萩原宗固と共に「明和十五番狂歌合」の判者を勤めるなどしたため,和歌よりも天明狂歌の祖として名高くなった。<参考文献>玉林晴朗『蜀山人の研究』

(久保田啓一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

内山椿軒の関連キーワード明石景文石橋直之名倉安興藤山惟熊横谷友信祇園百合女宇野億中鵜殿余野子小野櫟翁塚村澹翁

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone