コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内山椿軒 うちやま ちんけん

3件 の用語解説(内山椿軒の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

内山椿軒

江戸中期の歌人・幕臣。通称伝蔵(三)、名は淳時、字は賀邸。和歌を坂静山に学ぶ。江戸六歌仙の一人。江戸狂歌の創始者でもあり、四方赤良唐衣橘洲・朱楽管江らをそだてた。天明8年(1788)歿、67才。

出典|(株)思文閣
美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

内山椿軒 うちやま-ちんけん

1723-1788 江戸時代中期の歌人。
享保(きょうほう)8年生まれ。幕臣。和歌を坂(ばん)静山にまなぶ。江戸六歌仙のひとり。江戸狂歌の創始者でもあり,四方赤良(よもの-あから),唐衣橘洲(からころも-きっしゅう),朱楽菅江(あけら-かんこう)らをそだて,「明和十五番狂歌合」の判者をつとめた。天明8年11月9日死去。66歳。名は淳時(なおとき)。通称は伝蔵(三)。別号に賀邸。歌集に「遺珠集」。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

内山椿軒

没年:天明8.11.9(1788.12.6)
生年:享保8(1723)
江戸中期の歌人,儒学者。名淳時,通称伝蔵(伝三),別号賀邸。江戸の人。幕臣とされるが役職等未詳。和歌を坂静山に学び,堂上歌人の烏丸光胤,日野資枝にも指導を受けた。江戸の武家歌人として六歌仙のひとりに数えられるなど,当時の評価は高かった。没後刊行の家集『遺珠集』の書名は日野資枝が付けたもの。門人に大田南畝を代表とする天明狂歌師を多数擁し,自らも萩原宗固と共に「明和十五番狂歌合」の判者を勤めるなどしたため,和歌よりも天明狂歌の祖として名高くなった。<参考文献>玉林晴朗『蜀山人の研究』

(久保田啓一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone