コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平秩東作 へづつ とうさく

6件 の用語解説(平秩東作の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

平秩東作

姓立松氏、名は懐之。東蒙山人と号す。明和年間四方赤良等と交わり狂歌を唱導す。天明年間の大家。寛政元年(1789)歿。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

へずつ‐とうさく〔へづつ‐〕【平秩東作】

[1726~1789]江戸中期の狂歌師・戯作者。江戸の人。本名、立松懐之。通称、稲毛屋金右衛門。号、東蒙(とうもう)。戯作「当世阿多福仮面」、随筆「莘野茗談(しんやめいだん)」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

平秩東作【へずつとうさく】

江戸後期の狂歌作者。本名は立松懐之。平秩東作は《書経》に由来する筆名。通称,稲毛屋金右衛門。内藤新宿の馬借の子に生まれ,炭焼事業を試みて失敗したり蝦夷に渡って越冬するなど山師的な事歴が知られる。
→関連項目狂歌談義本

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

朝日日本歴史人物事典の解説

平秩東作

没年:寛政1.3.8(1789.4.3)
生年:享保11(1726)
江戸中期の戯作者。江戸内藤新宿で煙草屋を営む傍ら狂歌,戯作を好み,その流行の端緒を開いたひとりである。本名は立松懐之,通称は稲毛屋金右衛門という。若年時は経学,詩文の勉強に励んだらしいことは「平秩東作」の狂名にもあらわれている。平賀源内,大田南畝らと親しく,一方で田沼意次政権にも深くかかわって事業を起こしたり,蝦夷地探索に従事するなど,一筋縄ではいかぬ人物像を示している。源内,南畝と共にいわゆる江戸戯作草分け的存在であり,内に深い学識と野心を秘めて,一方で狂歌や戯作に打ち興じるあたり,前期戯作者の一典型でもある。<参考文献>井上隆明『平秩東作の戯作的歳月』

(中野三敏)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

へずつとうさく【平秩東作】

1726‐89(享保11‐寛政1)
江戸後期の狂歌師,戯作者,儒者。本名は立松懐之。字は子玉。通称は稲毛屋金右衛門。別号は秩都紀南子,東蒙,嘉穂庵。江戸内藤新宿の馬宿・煙草屋で,幼時から家業を助けるかたわら学問に励む。内山賀邸門下では四方赤良(よものあから),唐衣橘洲(からごろもきつしゆう),朱楽菅江(あけらかんこう)などと同門で,天明狂歌における古参狂歌師であり,その間戯作や浄瑠璃,儒学まで幅広く手がけた。一方事業家としては伊豆天城山の炭を売りひろめたり,北海道で越冬したりして,世人から山師と目された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

平秩東作
へずつとうさく

[生]享保11(1726).江戸
[没]寛政1(1789).3.8. 江戸
江戸時代中期~後期の狂歌師,戯作者,儒者。本名,立松 (たてまつ) 懐之。字,子玉。別号,東蒙,嘉穂 (かすい) 。通称,稲毛屋金右衛門。内藤新宿で家業の馬宿,たばこ商を営んだ。平賀源内,大田南畝,唐衣橘洲 (からごろもきっしゅう) らと交遊し,天明狂歌壇に活躍した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の平秩東作の言及

【大酒大食会】より

…当時古今稀有(けう)の大酒とうたわれた江戸大塚の地黄坊樽次と武州大師河原の大蛇丸底深とがそれぞれ酒友門人をひきいて酒量を競い合ったもので,一方の大将であった樽次こと医師茨木春朔がその模様を《水鳥記》なる戯文にものしている。1815年(文化12)10月江戸千住の中屋六右衛門宅での酒戦記は平秩東作(へずつとうさく)が書いているが,17年3月23日に江戸柳橋の料亭万八楼で開かれたものは,まさに興行の名にふさわしい大酒大食会であった。この会は酒,菓子,飯,うなぎ,そばの5組に分かれて量を競ったが,それぞれの最高は,酒が3升入り杯で6杯半,菓子はまんじゅう50,ようかん7さお,薄皮餅30,飯は〈常の茶漬茶碗にて万年味噌にて茶づけ香の物ばかり〉で68杯,うなぎはこれも茶漬にしたが,代価金1両2分の蒲焼と飯が7杯,そばは平盛りの二八そばで63杯であったと,書家の関東陽が《兎園小説》に書いている。…

※「平秩東作」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

平秩東作の関連キーワード本阿彌親平戯作者立松東蒙内藤新宿高井戸浅野北水千代徳若平秩東作(初代)放屁論内藤新宿新宿試験場

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

平秩東作の関連情報