コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内橋克人 うちはし かつと

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

内橋克人 うちはし-かつと

1932- 昭和後期-平成時代の経済評論家。
昭和7年7月2日生まれ。昭和32年神戸新聞社に入社。42年退社して著述活動にはいる。戦後日本の経済や社会をみつめ,企業,技術,医療などの分野で人間としての視点から問題解決にむけた評論活動を展開。兵庫県出身。神戸商大卒。著作に「匠(たくみ)の時代」「幻想の「技術一流国」ニッポン」「共生の大地」「不安社会を生きる」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

内橋克人の関連キーワード輸送

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

内橋克人の関連情報