コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内海吉堂 うつみ きちどう

美術人名辞典の解説

内海吉堂

日本画家。福井県生。内海椿水の子。名は復、別号に海復。はじめ森寛斎・塩川文麟の門に円山・四条派を学ぶ。のち南画に転じ、度々中国に渡る。日本南画協会の結成に参加、内国勧業博覧会・日本絵画協会等で褒状受賞の他、日本美術協会・文展でも入選、京都画壇で活躍した。花鳥画を得意とした。大正14年(1925)歿、74才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

内海吉堂 うつみ-きちどう

1850*-1925 明治-大正時代の日本画家。
嘉永(かえい)2年12月3日生まれ。内海椿水の子。四条派の塩川文麟にまなぶ。明治10年清(中国)にわたり,各地の名画旧跡をたずねる。帰国後文人画をえがき,30年京都の日本南画協会の結成にくわわる。大正2年の文展で「江南春靄」が入選。大正14年10月9日死去。77歳。越前(えちぜん)(福井県)出身。名は復。別号に海復。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

内海吉堂の関連キーワード町田 曲江菊池 契月町田曲江大正時代菊池契月松尾晩翠嘉永

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android