コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内海吉造 うつみ きちぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

内海吉造 うつみ-きちぞう

1831-1885 幕末-明治時代の陶画工。
天保(てんぽう)2年生まれ。鍋屋吉兵衛の子。加賀金沢にすむ。絵を佐々木泉竜にまなぶ。明治2年阿部碧海経営の九谷焼陶画工場工長。13年為絢社の社長となり,画工を養成した。明治18年死去。55歳。初名は栄吉。号は松齢堂,陶山。屋号は鍋屋。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

内海吉造の関連キーワード友田 安清明治時代

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android