内海文三(読み)うつみ ぶんぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

内海文三 うつみ-ぶんぞう

二葉亭四迷の小説「浮雲」の主人公。
士族の父をはやくなくし,叔父の家に寄宿して優秀な成績で学校を卒業し,官吏となる。叔父の娘お勢と恋仲となるが,内気で口べたのため人員整理で失職。お勢の心もはなれ,ひとり苦悩する。「浮雲」は未完の小説だが,初めての言文一致体写実小説として知られる。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の内海文三の言及

【浮雲】より

…1887年(明治20)第1編刊,88年第2編刊,89年第3編を《都の花》に連載。官制の改革が行われた86年の東京を舞台に,内海文三と従妹のお勢の相思相愛の関係が,文三が役所を免職になったのち変貌していくありさまを描く。世俗的なお勢の母親はともかく,新時代の教育を身につけたお勢までがなぜ,卑しい出世主義者の本田昇に惹(ひ)かれていくのか,文三にはわからない。…

※「内海文三」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

内海文三の関連情報