コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内海桂子 うつみ けいこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

内海桂子 うつみ-けいこ

1923- 昭和-平成時代の漫才師。
大正12年1月12日生まれ。昭和13年高砂家とし松とくみ初高座。25年内海好江とコンビを結成。三味線と着物の舞台姿で活躍。58年漫才ではじめて芸術選奨文部大臣賞。テレビのコメンテーターとしての出演もおおい。平成10年漫才協団(現漫才協会)会長。東京出身。本名は安藤良子。著作に「転んだら起きればいいさ」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

タレントデータバンクの解説

内海 桂子


芸名
内海 桂子

性別
女性

生年月日
1923/01/12

星座
やぎ座

干支
亥年

血液型
A

出身地
東京都

職種
タレント・俳優・女優/文化人/お笑い

プロフィール
1998年に漫才協団会長に就任。また、2005年に漫才協団が社団法人漫才協会になり、同協会会長に就任。漫才活動の他、映画・ドラマ・トーク番組・バラエティ番組などに出演し、最近ではレポーター、講演会の講師、今村昌平監督の日本映画学校・演劇科講師を務めるなど常に新境地を開拓し、各番組でコメンテーターとしても活躍。世間の注目を集めている。尚、1982年度に授賞した芸術選奨文部大臣賞は漫才としては初の栄誉である。 永きにわたり第一線にて活躍しており、その芸風も多様にて貴重な存在。主な著書に、『転んだら起きればいいさ』『さあ、もう一歩踏み出してみようよ』など。

代表作品
著書『転んだら起きればいいさ』 / 著書『桂子のネジ巻き 人生70年』 / 舞台『日本烈婦伝 オペラは楽し』

出典 株式会社タレントデータバンクタレントデータバンクについて 情報

内海桂子の関連キーワードウッチャンナンチャンコロムビア・トップ忘れられぬ人々宮城 けんじ内海 好江内村光良ナイツ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

内海桂子の関連情報