コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内海桂子 うつみ けいこ

2件 の用語解説(内海桂子の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

内海桂子 うつみ-けいこ

1923- 昭和-平成時代の漫才師。
大正12年1月12日生まれ。昭和13年高砂家とし松とくみ初高座。25年内海好江コンビを結成。三味線と着物の舞台姿で活躍。58年漫才ではじめて芸術選奨文部大臣賞。テレビコメンテーターとしての出演もおおい。平成10年漫才協団(現漫才協会)会長。東京出身。本名は安藤良子。著作に「転んだら起きればいいさ」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

タレントデータバンクの解説

内海 桂子


芸名
内海 桂子

性別
女性

生年月日
1923/01/12

星座
やぎ座

干支
亥年

血液型
A

出身地
東京都

職種
タレント・俳優・女優/文化人/お笑い

プロフィール
1998年に漫才協団会長に就任。また、2005年に漫才協団が社団法人漫才協会になり、同協会会長に就任。漫才活動の他、映画・ドラマトーク番組・バラエティ番組などに出演し、最近ではレポーター、講演会の講師、今村昌平監督の日本映画学校・演劇科講師を務めるなど常に新境地を開拓し、各番組でコメンテーターとしても活躍。世間の注目を集めている。尚、1982年度に授賞した芸術選奨文部大臣賞は漫才としては初の栄誉である。 永きにわたり第一線にて活躍しており、その芸風も多様にて貴重な存在。主な著書に、『転んだら起きればいいさ』『さあ、もう一歩踏み出してみようよ』など。

代表作品
著書『転んだら起きればいいさ』 / 著書『桂子のネジ巻き 人生70年』 / 舞台『日本烈婦伝 オペラは楽し』

出典|株式会社タレントデータバンク
Copyright(C) 2010 Talent-Databank Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

内海桂子の関連キーワード内海港桂子ですけど愛知県知多郡南知多町内海鳥取県鳥取市内海中広島県福山市内海町広島県福山市内海町ハ広島県福山市内海町ロ内海釣経内海好江内海鯉友

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

内海桂子の関連情報